アトリエにて自主練の日。

最終更新: 2019年2月9日


こんにちは! いすみ×えんげきプロジェクトの穂積奈々です。

今回は市民俳優のメンバーの一人、山東大記さんのアトリエにて。


だいきさんはいすみ市在住の画家さんでもあります。

今回はメンバーの中で唯一の男性です。


純粋な素直な空気に包まれたこのアトリエが、わたしは大好きなのです。







2日間にわたって今回えんげきを一緒につくるメンバーであつまりました。

全員あつまる日もあれば、そうじゃない日も。


だれか一人もかけていたり集まるメンバーによって、その場の雰囲気や空気が一気に変わります。

「人一人」がもつ存在感って、すっごいんだな~。

自分が思っているよりも、予想以上に。


じぶんって一体なんなんだ?

「わたしらしい」ってなんだろう?

練習をしている中でも

「今の言い方、すっごくななちゃんらしかった。」と

言われることがあります。


じぶんでは、「えーこれが自分らしいんだ!意外!!」と思うことがあります。

自分が知っている「わたしらしさ」と、他のだれかが思う「わたしらしさ」って

違うんですね。もちろん一緒のこともあります。


「じゃあ、どっちがほんとうのじぶんなの!?」って思うこともあるけれど

どっちもまぎれもなく自分なのだと気づきました。


自分でわかっている自分と

相手から見られている自分と

こうなりたい自分と。

自分っていっぱいある。

もうごーっちゃになって、わー!!となることもあります。


けどなんだか今日は

「ああ、そのいろんな凸凹が重なって、それぞれの「人」が存在しているのか」と

妙に、納得しました。

まわりにいる人たちと、「自分」をつくっていき

わたしがだれかの「自分」をつくっているんだなって。


そう思うと、人が人と生きていくのは、なかなか楽しそうです。!!!



アトリエに置いてあった、映画のときに「よーい、スタートっっ!!!!」とやるやつ。

とくにいらないのに、たくさん鳴らしました。(笑)


                        (記事:いすみ×えんげきプロジェクト 穂積奈々)


© 2019 by いすみ×えんげき. Proudly created with Wix.com