ロックンロールと、28歳の春。

最終更新: 2019年2月8日

こんにちは!いすみ×えんげきプロジェクトはりきり主催者の穂積奈々です。

この間3回目の「STAND」全体練習を行ってきました。



練習が終わった直後はどんな状態かというと、、、

なぜか若干のハイテンション(スキップをしたり、帰りの車の運転中にオリジナルソングを創作してしまったり、トホホ)

そして、生まれてはじめて

「ううう、脳が疲れている、脳が筋肉痛だ。。。」と感じたことのない感覚を味わいました。

そして次の日は必ず、爆睡。昨日一体わたし、なにしたわけ?!という疲労感。

それほど、えんげきをしている間に”からだ”と”こころ”を駆使しているのでしょう!


ほんとうにやりたいことは、多少の無理が必要?

「いすみ×えんげき」は、わたしのずーーーとやりたかったことです。

(具体的ではなかったけど、人生のテーマとして胸の中にずっとあった)

今、冒険真っ最中で、最高にエキサイティングで幸せ!!!なんだけど。

けどリアルは、緊張だったり、未知なものへの不安で溢れているのも正直なところ。

こたつの中に入りながら

「あーめんどくさい、わたしゃこのままのほほんと暮らしていたいよ。穏やかに、、、」

と思ったりします。

こんなに「一番やりたいこと」が出来ているのに、なんでそう思うのか、自分に罪悪感を感じたりしていたのですが、最近やっと自分なりの発見が見つかりました!


それは、ほんとうにやりたいことは、めんどくさい!ということ。やったー!!!


◇だって出来るかわからないんだもん!緊張するし、自信ないし!そんなことしなくても、生きていけるぞー。安全に安定志向で行きましょうよ。という自分と、、、


◆けど、やらないとなんかむずむずする。やってみたい!やってみたかったと心と体が知っているぞ!

ちょっと無理が必要かもしれないけど、やらないで死ぬのなんてやだ!(おおげさ。笑)


という自分が心の中で常に共存している、そんなイメージ。



(えんげきを企画するなんて、わたしにとっては大挑戦じゃー!!!心の声)


けど、これに挑戦することで、わたしはわたしを裏切らない。

「きっと挑戦した先には、まだ見たことない景色や気持ちが待っているんだろうな」

そんな根拠のない自信があり

そして一緒にやっている仲間がともに、そこに連れて行ってくれる感覚があるのです。

だから、やるのだー!!!!!



奈々さんはどうしたいの?


えんげきの練習の中でも、ついついわたしがしてしまうこと。

それは、

「○○さんがこれが良いって言ったから、こんな風にしました」

「演出家の○○さんが、これが良いって言ったから、、、」


ついつい身体に染み付いている

「だれかがこんな私が良いって言ったから、その通りにしました。」


小さいころからだれかが望む自分になろうとしていて

自分の「こうしたい」を当たり前のように一番に表現することがあっただろうか?


「自分の中からあふれるものを、当たり前のように表現できる」

そんな世界を作りだしたいと思ってはじめたこのプロジェクト。


えんげきをつくるとき、よく言われることば

「奈々さんは、どうしたいの?」


「え、、、?わたし?」


しばらく、頭がフリーズしてしまって

けど徐々に、徐々に、じょじょに、、、


「なんだ、わたしのしたい通りにやっていいんだあ」(プロジェクトを始めて6ヵ月目にして気づく)

そう腑におちてから、するするとわたしの中にうかぶカラフルな気持ち。

(気持ちというか、からだに、カラフルな空気がめぐる感じ)

どんどん思い浮かぶイメージ、自由自在さ。

ああ、わたしがわたしでいて、いいんだあ。そっちの方が楽しいよね。

心から、ほんとーーーに体にそうしみたのは始めてだったかも。

28歳の春です。



すこしネタバレですが

2月に行うえんげきの中に、植物になるシーンがあるんです。わたしは、その植物となるべく一緒にすごすようにして、その植物の中にロックンロールを感じました。

わたしの中の自由な表現よ、戻ってこい!!!!!




© 2019 by いすみ×えんげき. Proudly created with Wix.com