© 2019 by いすみ×えんげき. Proudly created with Wix.com

日常のわたしたちは、全員名俳優です。【誕生祭編】

最終更新: 2019年2月17日

三連休の最後の日。みなさんはどうお過ごしでしたか?

本番まで2週間をきり、緊張をこえて、丹田に力が入っている今日この頃です。

そして、初めての公開練習を行いました!(ド緊張ふたたび


わたしたちの友人知人の方に来ていただいて

練習をみてもらいました。

小さいこどもたちもたくさんいて、共演をしました。

(いろいろと起こるハプニングも、おもしろい。本番もそのありのままを楽しみたい)


ただセリフを読んでいた、と気づいたわたし。

初めて、STANDメンバー以外の方に観てもらいました。

「このセリフをいって、こんな空気にしたいなあ」そう思うのとは裏腹に

思うようにいかない場の空気に、「あれ、あれれ?」と少々落ち込んだり。


わたしはこの公演の最初に「えんげき」とはなにか?について、

話を進めていくシーンがあり、わたしはここを観ているひとに

「もっとわくわくする予感を与えたい」のに、見ているひとは

どうもそういう空気になっていない。。あれ、なんでだろう?と戸惑いました。


「あ、自分がわくわくしていないからだ。」と気づきました。

わたしが話すときに出すエネルギーや想いは、びっくりするほどストレートにみている人に伝わる。


「セリフ通りに進めないと、次はなにを言うんだっけ!次は、ちょっと人を引き付ける体をつくろう」

など、そういうところに頭がとらわれすぎて

一番大事な、

「わたしはなんで、今このセリフを言いたいんだっけ?」

言葉を発する目的を忘れていたことに気が付きました。


わたしは普段、目的をもって言葉を発している。

わたしたちが、話す目的ってなんだろう?

嬉しいことがあったとき、つらいことがあったとき、おもしろいことがあったとき

人は、だれかに話したくなります。

話すときに、すべてを棒読みで話す人ってなかなかいないですよね。

感情に伴って、表情や動きが付いてくる。声色を変えて、その時のうれしさを表現したりします。

その表現の種類は、本当に人それぞれで、そこに「その人らしさ」が隠れていたりします。


わたしたちが、「伝えたい」という欲求が、わたしたちの表現を引き出します。

そして、それは日常の中に溢れていますよね。


えんげきも、その延長線上にあって

「伝えたいから、その言葉を発する」わけで

ただセリフを読んだだけじゃ

なーーーにもつたわらないわけです。そんなのつまらんのです。


わたしはそれをしていたなあと、思いました。


わたしが、伝えたいわくわくを、空間にまき散らそう

本番2週間を切ったところで

わたしは、わたしのわくわくを、そのまま言葉や表情、動きにのせて

その空間にだしてみようと思いました。


どのように観てくれているひとに届くかは

本当にその人次第。

その受け取り方の違いが、またおもしろいですよね。


「えんげき」でも「日常生活」でもやることは一緒。

素直な自分の姿を感情を、表現し続けたいです。

みんなのそんな姿も、見たいです。


だからこそ、思う。わたしたちがやることは《えんげきなのか?》と。


練習が終わったあとは「司田由幸 誕生祭」の特別企画!

いすみ×えんげきプロジェクトの親方!

「STAND」の脚本を書いて下さり、演出をしていただいている

演出家の司田由幸さんの誕生日前日ということで

司田由幸さんの誕生祭を行いました。

STANDメンバーには

司田由幸のご親族になりきっていただき(即興で)

プチえんげきの時間をしました。

みんなの、名俳優ぶりよ!!!あ~こういう時間のたのしいことよ!

司田由幸の祖父、祖母、父、母、姉と共に、本人も知らなかった誕生の秘密が

あかされました。(わたしは、司会進行役でした)

えんげきの時間で、実は桃から生まれたことが判明した司田由幸さん。


『司田由幸』 (勝手に他己紹介のコーナー)

仲間と共に砂の上の企画という劇団を立ち上げ

日常の中に潜む「えんげき」の面白さを日々研究・実践している司田由幸さん。

脚本家・演出家。(わたしが出会ったときは、俳優として出られておりました。)

18歳のころから演劇をはじめ、えんげき歴20年。

さまざまな人の体の在り方を観察・表現することが天才的に上手く、演出において

その才能を発揮されております。いすみ×えんげきの親方的な存在。


いすみ×えんげきは

たくさんの人の想いが集まって成り立っています。

それぞれが、また違った経験を持ち帰って、自分の人生にどうつながっていくのか。


わたしたちは、ほんとうに、それぞれの人生を生きる唯一無二の名俳優です。

あーわたしたちの日常はなんてすばらしく、楽しいのだ!!!


わっはっは!!!